夫婦は夫と一緒に行かなければならず

恋活における共通の意味の共通のシンボルは別の兆候です

そこで私は、婚活では「自分の年齢に関係なく、理想を求めていいということ、そして「相手と対等な立場になることが幸せな結婚の前提となること、そのためには相手に自分の気持ちを素直にぶつけてもいいことをアドバイスしました。その結果、彼女は結婚に対して再び前向きな気持になることができ、な家庭を築くことができたのです。素敵な男性と結婚し、幸せもし彼女があのまま「相手に、そして結婚に理想を求めてはいけないという思考に支配されていたら、結婚をあきらめていたか、妥協の産物のような結婚をしていたかもしれません。このように、ちょっと心の持ち方を変えることによって結婚が可能になり、幸せな人生を歩くことができるのです結婚相手には「理想」を求めていいのです。ただしこの場合の「理想を求める」とは、単にもっといい人はいないか?


指輪がひどく苦情を言ったとき

もっともっと……、と「高い理想を追い求め続ける」ということではありません。まず自分を見つめて、自己理解をして、自分に本当にふさわしい人はどんな人なのか?ということを明確にして初めて自分にピッタリ合う、結婚相手として最高の男性「-理想の相手」が見つかるという意味なのです。収入がよくて、社会的地位が高くて、ルックスが良い、という意味での「理想の男性を求めることと、本当に自分に合った男性「理想の相手」を求めることは違います。その違いが分からない人、勘違いしている人がまだまだたくさんいらっしゃいます。

夫婦は愛が自分の人生の邪魔になり

私はそのときのことを、「紅ショウガ事件」と名づけて、自分への戒めにしています。夫婦げんかをするには、それなりの理由があります。ケータイの盗み見問題のとき、相手の携帯電話を見る派にも本人的にはちゃんとした理由があるのと同じように、互いに言い分もありますけれど、現実問題として、相手の携帯電話を見ても結局は、「何もいいこともない。ただ愛と信頼を破壊するだけなのと同じで、夫婦げんかを長引かせても、何もいいことはないのです。「先に謝るのは、なんか負けたみたいで悔しいという気持ちもわかります。でも、あなたはなんのために結婚をしたいのですか?幸せになるためですよね。この「幸せな凄になる」という究極のテーマの前では、夫婦げんかの勝敗の行方など、本当にホントに、どーでもいいことなんですゆくえここまで説明しても、「でも負けるのは悔しいと思うとしたら、それは、すぐに謝るというノウハウの威力と効能をあなたが実感したことがないからです。経験して実感してみてください。

結婚している当事者の1人は

今恋愛中なら、結婚前の今こそ秘訣をマスターする好機です。私に騙されたと思って、次に彼とけんかになったとき、エイヤッ!と歯を食いしばってでも先に謝ってください。過去のけんかとはまったく違ったハッピーな展開が待っていることを自信を持って保証します勝手な「思い込み」は不仲のもと夫婦生活に悩んでいる妻に相談されたり、メールで悩みを打ち明けられる機会が多いのですがタイプのそんな悩める凄たちにはある共通のパターンがあります。女性が多いということです。それが、「思い込みが激しい悩み相談で一、二を争うのは、浮気とセックスレスの問題です。たとえば浮気。ある日、夫の携帯電話を盗み見して、知らない女性とのメールのやりとりの事実を発見したとします。当然、凄は、夫の浮気を疑います。夫婦療法の古典的なテクニックです


結婚した独身者とみなすことができます

私は温泉が好きなのでよく山深い地方に出かけますが、四季折々のお色直しで楽しませてくれる雄大な山並みの美しさには思わず目を奪われます。当たり前のことですが、景色は、好きな人が観に来たからもっとキレイにしようなどとは思いません。誰にも見られていなくても、ただそこに、美の存在としてあり続けているのです人は互いの借景であるという言葉があります。あなたが街を歩いているとします。そのあなたは他人の目から見れば、景色の一部です。そうであるなら、人は景色の一部として、美しくあるべきであるという意味です。翻って、電車の中で平気でお化粧ができる女性。その電車には多くの男性が乗っているはずです。彼女たちにいわせれば、「知らない男性の前でなんでわざわざお行儀良くする必要があるの?」かもしれませんが、私が指摘したいのはまさにそこです。

恋活の研究によれば

婚活が難しくなります愛している男性の前だけでどんなに女らしく振舞ったとしても、その女らしさは「偽りの仮面」にすぎないのです常日頃から、女性らしさという男性に愛されるためにもっとも大切な美の要素を、意識しないで生活している人が、特定の男性の前だけでちゃんとできるなんてありえないのです。キャッチボールもできない人が、野球の試合に出ても恥をかくだけなのと同じことですそれは、ではどうすれば内面の美を輝かせることができるでしょうか?ひとことに集約されます。他人に見られている、いないにかかわらず、ろうとする凜とした生き方そのものが大切なのです美しく生きるというつねに女性として美しくありんそれはちょっと理想的すぎて実践が難しいなら、まずは、不特定多数の他人の目がある公の場か人は互いの借景を意識されてみてはいかがでしょうか。この提言は、今の女性には時代錯誤に映るかもしれません。ら、けれども、ひとつハッキリとしていることは、男の理想とする女性像は、女性が考えている以上に保守的だということです。


ウェディングドレスを試してみてください

「大財閥の御曹司とゴールイン!」とか、「お相手は、期待の若手青年実業家。個人資産は100億円!」なんてケースですね。俗にいう玉の輿というやつです。結婚をゴールと考えている女性は、なんだか一等賞でゴールテープを切ったような、ある種の達成感を覚えるのかもしれません。しかしお金持ちの男性と結婚して、お金に不自由しなくなることと、結婚して幸せになる、ととはまったく別次元の話です。現に、二〇一〇年にアメリカのプリンストン大学が行った「幸福度とお金の関係」の調査によれば、世帯年収が七万五千ドル「日本円で約六百三十万円」以下の場合は、年収と幸福度が比例するのに対し、七万五千ドル以上の場合は幸福度の上昇が頭打ちになるという結果が出ていますまこし女性にとっての幸せな結婚とはなにか?本質はひとつしかありません。それは、夫から生涯愛され続けることです。夫から生涯愛される幸せな老なるために不可欠なメソッドもひとつ。答えはシンプル。「努力の継続」です。

結婚していない別の人と

夫が毎日お水をあげたくなるような凄になるためには、た、毎日の努力を欠かさないことが何より大切なのです。凄もま夫から愛されることで、凄は美しい花をいっまでも咲かせ続けることができます。妻が美しい花なら、夫は毎日の水やりを決して忘れたりはしないでしょう。麸は、その夫の努力に感謝し、喜んでもっと美しい花を咲かせようとする。この好循環に入ることが、幸せな結婚の最大のポイントなのです。人生は、マラソンのようなものとよくいわれます。恋活の話を伝えます恋活が決して良かったとは言いませんでした